読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「彼は私小説の極北と称されました」

初めて嘉村礒多のことを知ったのは、なんてことないローカル番組だった。

 

f:id:viridianvigan:20170506201738j:plain


確か10年くらい前、山口県にゆかりのある作家を紹介する短い番組。
「彼は私小説の極北と称されました」
アナウンスがそう言っていたことがやけに耳に残った。

 


その後、礒多の講談社文芸文庫を手に入れるものの、最初の2編で挫折してしまう。
 読みにくい!

 全くの別件(確かゆずのコンサート、その頃ファンだった)で東京に行ったとき、神保町に行き思い切って全集を購入。
こっからが本番だ! 読むぞぉ! 読む! 

積む(放置)!

結局、読み始めたのは、2013年にニートになってからだった。
タイミングよくセミナーがあり、課題の小説以外の全ての作品を読む。

f:id:viridianvigan:20170506201559j:plain


(父がニート息子に持ってきたチラシ)

 

染みる染みる。クソみたいな男の、ネガティブな想像力と無様な反省が染み入る!

そして全集は字が大きくて読みやすい! 

f:id:viridianvigan:20170506201914j:plain

 あの頃、私は辞めたブラック企業のおかげで、精神的にかなり落ち込んでいた。
 礒多の小説は、そんな自分の為に作品を書いてくれたのではないかと思うほどに、自分の精神状態にぴったりだった。

 礒多は駆け落ちしたことが大きく捉えられがちだが、その前の在郷時代の苦しみもまた計り知れない。高校中退で野良仕事もろくにできず、全く自分に自信が持てない男が、よくコネもない状態から、文学者として名を残せたと思う。

 

 その後、私はもっと沢山の人に読まれるべきだと思い、文学フリマでの礒多本の頒布を決意する。しかし、同人誌を作るのにもお金がかかる。礒多のように親の脛を齧り尽くすのに抵抗があった私は、また働くことを決意する。


 結果、働く方に大きく己の力を注いでしまい大失速。バランスを欠いたサークル活動になっている。

 確実に言えるのは、礒多の小説がなければ私は自立できず、未だにニートだったろうということだ。
 嘉村礒多の小説には、ニートだった自分に顕彰活動をさせるだけの力はある。
そういう力のあるネガティブな作品が、あなたにも何かしらのポジティブをもたらすのではないかと、淡い期待を抱いている。
 そうして現在の「文学」が少し進むと信じている。という洗脳に日々勤しんでいるのだ。
 自覚的に自分を洗脳でもしないとやってらんねえよ。

f:id:viridianvigan:20170506171616j:plain

ノマドぶりたい2017年春。都内某所にて。