読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宣伝用動画と紹介する本のこと。

どうも。

昨年11月にゲンロン東浩紀監修のチェルノブイリツアーに参加しました。

30人ほどの参加者の中で、私ともう一人くらいしかビデオカメラを持ってなかったので、私はだいたいビデオを撮ってました。

みんなとても高そうな一眼レフ持ってました。最近はけっこう動画も撮れるみたいですけどね。

そんで、ツアーから8ヶ月も経った7月にようやくDVDを完成させ、希望する方には送りました。

ツイキャスをやった木曜日に「DVDを送ってください」という内容のメールを久しぶりにもらって、うれしくなり、

「他のまだ持ってない方にもまだまだ送りますよ」

とメールしたら、ツアーで通訳を担当された上田さんから、

チェルノブイリツアー宣伝用の短い動画を作ってくれませんか?」

と頼まれて、今日はずっと編集作業してました。

明日には公開できるとよいのですが……。

第3弾チェルノブイリツアーの参加者募集は締切は10月1日ですからね。

ギリやないかい!

まあ、参加をためらっている人の背中をポンと押せたらいいなと思ってます。

あと、この宣伝用動画と引き換えに、ゲンロン側に頼みたいことがありまして。そのことは、また機会があれば書きます。

 

来週木曜日もツイキャスやる予定なんですが、そんなこんなで、読書の時間がとれていません。

でも、読む! 読み切る!

紹介する本は、

 

『夢、死ね!』著 中川淳一郎

『ストーカー』著 アルカジイ&ボリス・ストルガツキー/訳・深見弾

『世界はなぜ「ある」のか? 実存をめぐる科学・哲学的探索』

           著 ジム・ホルト/訳 寺町朋子

の3冊です。

よろしくお願いします。