哲学カフェと礒多忌プログラム

昨日は久しぶりに哲学カフェ☕️でした。入院中からどうにかして参加できたらええなぁと思っていたので参加できて嬉しかったです。周南市文化会館のレストランでやったのですが、リトルグリーモンスターのライブがあったので、グッズ販売に長蛇の列ができてい…

退院しました

どうも。今日の午前中に退院しました。 先月、回復している中で急に悪化したので正直不安でした。昨夜はあまり眠れませんでした。今も少し不安です。 流動食から3分粥から5分粥、全粥と少しずつ腸に負荷をかけてゆき、後半はお腹が空いて仕方がないという状…

転院しました

どうも。 10月25日に発熱と腹痛に襲われて、流動食と栄養ドリンクからまた点滴のみの生活に戻りました。 10月29日にこれまでいたS病院からi病院に転院しました。 転院の話は前々からからあって、S病院でやれる検査は全てやり原因は小腸らしいと分かったので…

礒多忌のお知らせ

どうも、中西です。 ブログではご無沙汰です。 ご存知の方もいるかもしれません。 私は今入院しております。腸閉塞です。 鼻からチューブを入れた状態で、病室からお送りします。 本当は予告通り国木田独歩のことを書くべきなのですが、 とりあえず置いてお…

第23回中原中也生誕祭のこと

どうも。礒多を読む会・代表の中西です(言ってみたかった)。今回は詩のこと、というか4月29日の中原中也生誕祭に行ったときのことです。 中原中也記念館の向かいにある「狐の足あと」にて食べたケーキセット。 前日に「礒多を読む会」があったので、その…

腸炎・礒多・代表

どうも、ブログはとてもお久しぶりです。ヴィリジアン・ヴィガン中西です。実は、6月の末から入院中です。 腸炎を患ってしまいました。腸を休めるために点滴でしのいでおります。明日からようやく食べ物を口にできるとのことです。 長かった(切実)。 そこ…

行けない(すまぬ)

何から書けばいいのか。ええと。とにかく、文学フリマ京都には行けなくなって。というか、月曜日に休んで1泊する予定だったのが、難しいとなったときに、やる気がごっそり持って行かれてしまいこのざまであります。 ツイッターを断ち、時間を確保し、抗って…

2017年を振り返って

今年も残すところ数時間なので、振り返ってみることにする。 まず、2月にNHK山口放送局「山口 ことばの物語」に嘉村礒多の紹介で出演したこと。ただ、あまりうまくいかなかったと反省している。 文学は複雑なわかりにくいものや、人の業とか、醜いものでも…

嘉村礒多120年祭

12月3日。 嘉村礒多120年祭でした。 私が仁保地域交流センターに行ったときにはすでに椅子が並べられており、「こんなに来ますかね?」という不安がありましたが、結果的には沢山の人に来て頂けてびっくりしました。ありがとうございました。 お茶の会…

サンタおるじゃろ!

”その昔サンタなんて居ないと聞いた時「なんでそんな回りくどい嘘を続けてるんだろう?」って 今んなって時間たって少しわかるよきっとみんな信じてんだ本当はいつか来んのを” (鷲崎健「I Love You」のある世界) 「I Love You」のある世界 アーティスト: …

2017年 文フリ福岡 詩ぬなよ

文学フリマ福岡でした。 もう2週間前ですか。私は風邪をひいて乗り越えるのに必死でした。 健康大事。 詩集まにあいませんでした。期待されてた方(居ないと思うけど)すいませんでした。 詩ともかく詩集は私にとってものすごく難しく、書くときはもうポロ…

「ユポ紙に好きな言葉を書こう(仮)」

10月8日(日)の福岡の文学フリマに参加します。 ブースは【う−40】です。 ヴィリジアン・ヴィガン@第三回文学フリマ福岡/う-40 https://t.co/DwM7ndpUJ7 #bunfree #文フリ福岡— ヴィリジアン@文フリ福岡【う−40】 (@Naka24Viridian) 2017年9月28日 …

無料配布とかマジかよ『Wanna be?』

ラウシズムの新刊はまさかの無料配布だった。よって、たまたま手にしてしまったラッキーな人も、なんなのかよくわからない人も居たことだろう。 『Vertigo』「聴く」ことがテーマの一編。ラウシズム日谷が目指す「川口文学」の一端を垣間見ることが出来る。 …

「彼は私小説の極北と称されました」

初めて嘉村礒多のことを知ったのは、なんてことないローカル番組だった。 確か10年くらい前、山口県にゆかりのある作家を紹介する短い番組。「彼は私小説の極北と称されました」アナウンスがそう言っていたことがやけに耳に残った。 その後、礒多の講談社…

ドヤ顔で自慢しよう『LET IT GREET』

『LET IT GREET』 日谷氏の大学時代後半とその後の埼玉生活から紡ぎ出された作品群。 ちなみに改訂前と改訂後では納められている作品が違う。シングルを3種類リリースしてカップリングが異なります的なあくどい商法をしようというのではない。 問題は改訂版…

神った『SIDEWALKERS』ポリフォニー

『SIDEWALKERS(サイドウォーカーズ)』 かなりエグい5作品が収められている。 過激な内容でも全然、大丈夫、むしろ大好物という方にオススメ。 『The Night with Love and Laughter』 この作品は数あるラウシズム作品の中でも特に異質なので、先入観の全く…

あなたの文学には何が必須?『Brilliant Failure』

「Brilliant Failure(ブリリアント フェイラー)」 私が最初に触れたラウシズム作品である。 後書きにて著者自身のエピソードは語られているので、きちんと最後まで読むとすっきりできる一冊。 タイトルが全部英語なのが、私泣かせだが、どうにか乗り越えた…

文学という木を支える 文学フリマ金沢2017

金沢に行く木を支えるように木に寄り添うように 金沢に行ったことについて、もう少し早く何か書く予定だった。しかし、まあ、4月というのは色々と忙しい。これも毎年のことだからいい加減に慣れようと思うのだけれど。 前日の昼頃に金沢に到着。 駅の写真を…

『Fragments』by Lousism「文学とエンタメの狭間を揺蕩う」

純文学サークルLousism(ラウシズム)と初めて会ったのはいつだったか?何回目かの文フリ大阪でたまたま隣のブースになった。あのときの文学フリマ大阪は楽しかったなぁ(遠い目)。 Lousism(ラウシズム)は日谷秋三による個人文芸サークルである。どうでも…

過去と最近の映像

どうも、中西です。 花粉症との戦いにやぶれました。 それはともかく。 文学フリマ金沢行きます。【あー3】です。 いい位置だな!(カミナリのツッコミ風) いつもの嘉村礒多押しな感じです。よろしくお願いします。 少し話はかわりまして。 チェルノブイリ…

第1回文学フリマ京都 当日編

1月22日(日)。寝過ぎた。 順調に遅刻しております!— ヴィリジアン/中西 (@Naka24Viridian) 2017年1月22日 大慌てで会場へ。みやこめっせ! みやこめっせ! 会場に到着。準備! 準備! 結果としましては、思っていた以上に多くの方に手にとって頂けました…

第1回文学フリマ京都 前日編

1月20日(金)はぎりぎりまで準備する。 旅の支度と文学フリマに向けてのあれやこれや。 毎回「次回こそは余裕を持って事にあたろう」と思うのですが、思うだけだ。 1月21日(土)新幹線の駅まで行くのに時速30キロとかマジかよ。雪のせいだ。スタッ…

福岡ポエイチには行けたお話

(下書きを書いてUPするの忘れていた) 6月19日は福岡ポエイチ。谷川俊太郎のトークイベントに行くため、朝早く福岡行きの電車に乗る。雨が強い。電車が駅で停まった。でも、雨はもう降ってないから大丈夫だろ。しかし電車は昼まで動かないと車掌さんは言…

第2回文学フリマ金沢のこと

6月11日、12日は金沢に行ってきた。前日は主に観光。 行きの電車の中では、この本を読んでいた。 『ミニチュアガーデン・イン・ブルー』著・キリチヒロ 主人公たちより、その親の世代の恋愛模様の方が気になるあたりが、true tears (アニメ)っぽくて好…

五月の路上に捨てない

ブログを当分書いていなかった。 少し前のことから遡って書いていきたい。書くべきタイミングってのがあるわけです。おそらくは。 5月は文学フリマ東京に参加した。設営を手伝った。しっかし広かった。あんなに広い会場でやれるだけの文章系サークルが集ま…

明日は文学フリマ東京

どうも。ぶち久しぶりの更新です。明日は文学フリマ東京です。ヴィリジアン・ヴィガンは【アー23】です。新刊はありませんが、豪華なおまけはありますので、これまでの嘉村礒多選集をお持ちの方や嘉村礒多に興味のある方はぜひブースまで来て頂きたい!花粉…

「やまぐちの文学者たち」文学講座に行ってきました

どうも。 1月30日に山口県立山口図書館にて文学講座 「礒多文学の素地ー在郷時代の読みもの等を通じてー」 に行ってまいりました。 企画展も開催中でして、 「嘉村礒多の残したもの」 ちょっと時間つぶそうとざっくり見る。 執筆に使っていた机の小さい。…

福岡の文学フリマのこと

10月25日。朝早く起きて山口県の柳井駅から電車に乗る。高校時代に一年だけ電車で通学していたことを懐かしく思い出す。博多駅までは1時間40分。金沢や、大阪を考えると素晴らしい近さである。前日は準備が間に合っておらず、ほとんど仮眠しかしてな…

第三回文学フリマ大阪のこと

当日の朝は、寝すぎたため大慌てでなかもず駅へ向かう。 1年ぶりの堺市産業振興センター。 設営に遅れて参加。 少しずつ机が並べられ、整えられ、椅子が置かれていく感じは気持ちがいい。 若干、設営で力尽きた感じもありつつ、こっからが本番。 今回も一人…

詩を浴びた日

9月19日。 久しぶりの都会の喧騒にやられながら、私は詩を聞きに行った。 ポエトリーリーディング大阪。 こういうイベントは行ったことがなく、謎だらけであった。 NHKで「詩のボクシング」って番組があってたまに見ていた。 あんな感じなのかな、と不安…