這ってでも行く

ぶっちゃけとても体調が悪いです。

年末からどうにかこうにか健康になろうとしたのですが、逆効果だったみたいです。

年始は風邪をひいてしまい、今週はずっと下痢ぎみでもうほとんど諦めていましたが、京都には這ってでも行くことにしました。

年末年始、お腹の調子が悪く何処にもでかけずにいたけど治らないのでもう諦めました。

腸の調子が悪いとポジティブになれないし、うまいこと文章が紡げなくなることがわかりました。

仕事だけで精一杯なんじゃぁ!

 

何の準備もできてませんし、詩の本も作れませんでしたが、私は文学がしたいので行きます。

行かないで体調が悪化するより、行って体調が悪化したほうが納得できるし、嘉村礒多だって常にお腹の調子が悪く、慢性的に風邪ぎみだったのだから、逆に文学的ですらある。

 

第3回文学フリマ京都

1月20日11時から16時まで。

ヴィリジアン・ヴィガンは[いー14]にてお待ちしております。

 

ポエムと職場

先週末は山陽小野田市立図書館のポエムカフェに久しぶりの参加。

f:id:viridianvigan:20181207211010j:image

f:id:viridianvigan:20181207211031j:image

 

皆さんに大変心配をおかけしたようで、すまぬ!

今回は俳句や短歌が多く、詩を持ってきたのは私だけだった。しかし俳句についてとても興味深い話を聞くことができて満足。

俳句、深いのぅ。

私の詩は12月の詩として山陽小野田市立図書館のホームページに掲載中。

https://library.city.sanyo-onoda.lg.jp/poem-cafe/

 

下書きメモによると今年の8月くらいに書いたらしいが、あまり覚えてない。

f:id:viridianvigan:20181207211203p:image


昨日から職場に復帰。

昨日は半日、今日から1日仕事。工場での立ち仕事なので足が痛い。

慣れたらどうってことないんですけど、今日はさすがに疲弊しております。はい。

2ヶ月ぶりの仕事とあってなかなか思うように行きませんが、どねぇかこねぇか乗り越えたい。

 

礒多忌でした(カメムシ)

昨日は礒多忌でした。

天候にも恵まれ、思っていたより多くの方々に来て頂けて感謝です。

きっと礒多も喜んでいることでしょう。

f:id:viridianvigan:20181125205630j:image

礒多忌が始まってすぐに退院祝いのお花をプレゼントされてびっくりしました。礒多のお墓に供えるには派手な花(バラ)だなぁとは思っていたんですが、まさか自分が貰うとは‼️

f:id:viridianvigan:20181125205207j:image

篠笛の音色は帰郷庵にぴったりでしたし、ハーモニカの演奏に合わせて皆んなで歌うことがあんなに盛り上がるとは思いませんでした。

f:id:viridianvigan:20181125205319j:image

朗読については「読む会」のメンバー以外の方にもテキストが必要だったと反省しています。

次回の礒多忌では準備するつもりです。


私はギター演奏と今年学んだ礒多のことについて話をしました。途中でカメムシが椅子の下に出現するハプニングはありましたが(笑)どうにか乗り越えました。2曲目の演奏が辛かった😅

f:id:viridianvigan:20181125205850j:image

f:id:viridianvigan:20181125205345j:image

礒多のお墓は間違えて「磯太」になっています。亡くなってからもなお名前を間違えられる残念さが礒多らしいとも言えます。

昔「こっちが本名説」が出たことがありますが「礒多」が本名です!

お間違えなく!

f:id:viridianvigan:20181125205500j:image

哲学カフェと礒多忌プログラム

昨日は久しぶりに哲学カフェ☕️でした。
入院中からどうにかして参加できたらええなぁと思っていたので参加できて嬉しかったです。
周南市文化会館のレストランでやったのですが、リトルグリーモンスターのライブがあったので、グッズ販売に長蛇の列ができていました。
なので哲学カフェはいつもより1時間早い開始でした。

テーマは「悪とは何か?」
悪について様々な意見が飛び出しました。
政治家、自殺、人に迷惑をかけること、犯罪、メディアの伝えかた、サイコパスバイキンマンブラックジャックは?善人?
ダークヒーローは?
必要悪はあり?なし?

話を聞いたり自分も意見を言ったりしているうちに己のなかの善と悪の判断が揺らぐのを感じました。
何を基準に善悪を判断していたっけか?
同じ行為でも時代や場所や文化によって善悪は変化します。

大切なのは1つの事柄を簡単に善悪で極端にレッテル張りせず、きちんと調べて考えることです。
そして考えることをやめない事だという結論で終わりました。
まだ、話し足りない人たちが居たようですが、ここで抱えたモヤモヤがこれから役に立ったりすることを私は知っています。
詩か小説のヒントになりそうな言葉もゲットしました。

帰りはさすがに疲れが出て、何度もコンビニで休憩しながら帰宅しました(RPGでこまめにセーブする人みたいだった)。

写真は哲学カフェでお世話になっている哲学者・小川先生の新刊です。エリック・ホッファー入門編といった感じでとても読みやすいのでおススメです。サイン貰いました! ありがとうございます😊

f:id:viridianvigan:20181118210128j:imagef:id:viridianvigan:20181118210136j:image

 

礒多忌のプログラムができました。

礒多忌もうすぐです。f:id:viridianvigan:20181118210107j:image

退院しました

どうも。
今日の午前中に退院しました。

先月、回復している中で急に悪化したので正直不安でした。昨夜はあまり眠れませんでした。
今も少し不安です。

流動食から3分粥から5分粥、全粥と少しずつ腸に負荷をかけてゆき、後半はお腹が空いて仕方がないという状態でした。
おかずもあっさりしたものが多く、病院の食事では最低限のカロリーしか摂取できないというのもありますが、お腹が空くのは体が元気な証拠だと思います。

今、体重が入院したときから5キロ落ちており、歩くだけでもふらつくような状態です。
栄養士と主治医の先生によると、戻るまでに2週間はかかるとのことでした。
礒多忌にはギリギリ間に合いそうで安心しています。とはいえ油断せず無理せずちょっとずつ体を元に戻していこうと思います。

ご心配をおかけしました。


今後の活動予定です。

2018年

11月24日(土曜)礒多忌

2019年

1月20日 (日曜)文学フリマ京都

2月24日 (日曜)文学フリマ広島

4月20日 (土曜)文学フリマ金沢

よろしくお願いします。

礒多忌。来て頂けると嬉しいです。

f:id:viridianvigan:20181113161504j:image

病室から眺めていた風景です。

f:id:viridianvigan:20181113161632j:image

 

転院しました

どうも。

10月25日に発熱と腹痛に襲われて、流動食と栄養ドリンクからまた点滴のみの生活に戻りました。

 

10月29日にこれまでいたS病院からi病院に転院しました。


転院の話は前々からからあって、S病院でやれる検査は全てやり原因は小腸らしいと分かったので詳しく調べるために移ることになりました。

ある程度体がまともな状態で移りたかったのですが……。

29日朝、痛み止めのみで9時にS病院を出発。

移動中に腹痛があり到着後、両親が受付で手続きをしてくれている間どんどん血の気が引いてゆくのを感じました。

エネルギーが圧倒的に足りない!

 

11時頃ようやく病室のベッドに横になりさあ点滴を!と思ったら採血。

全身から抜けるチカラ。

貧血寸前。


まあ、なんとか転院できてよかった。

今は問題があるらしい小腸を検査中です。


不安なのは、礒多忌までに退院できるかどうか。


微妙ですが祈るしかないですね。


日に3回の食事がないだけで、すごく損してるような気持ちになります。

そういう当たり前に食べられることの有難さを、忘れるまでは覚えていようと思います。

f:id:viridianvigan:20181101184648j:image

礒多忌のお知らせ

 

どうも、中西です。

ブログではご無沙汰です。

ご存知の方もいるかもしれません。

私は今入院しております。腸閉塞です。

鼻からチューブを入れた状態で、病室からお送りします。

本当は予告通り国木田独歩のことを書くべきなのですが、

とりあえず置いておきます。

 

今日は中西の35歳の誕生日です(イェイ!)

病室からお送りしております。

腸閉塞なので絶飲食中でしてケーキとか食べられないのが辛いっすね。

今日も胃カメラと大腸の検査があるよ!!

 

そんな、中西を憐れむそこの君。

11月24日(土)に私がリスペクトしてやまない

私小説作家・嘉村礒多を偲ぶ会

「礒多忌」

があるから来てくれよな。

チラシです ↓

f:id:viridianvigan:20181019095906j:plain

あえてのモノクロ

内容は礒多生誕120周年祭でも披露して頂いた

ハーモニカ演奏や今回初めてお呼びする篠笛の演奏、

礒多にまつわる書籍をいくつも書いておられる多田美千代先生のありがたいお言葉。

私のギター演奏と「礒多を読む会」のメンバーによる掌編「写真」の朗読など盛りだくさんです。

 

問題は現在鼻から入れてるチューブで喉がぶち痛いことと、

新曲を用意するつもりが、病室にギター持ってくるわけにはいかんちゅうことなんよね。

まあ、なんとかなるじゃろう。

ちゅうことで、11月24日(土)は帰郷庵でお待ちしております。

よろしゅうお願いします。